Menu

【ちざいネタ帖vol.5】パロディと地域ブランド

このところ、地域ブランドのパロディ商品をめぐる知的財産問題が浮上している。
最近の話題でいえば、兵庫県の「ONO消しゴム」。小野市観光協会が製造・販売したもので、観光名所をあしらった消しゴムの他に、知名度の高い消しゴム「MONO」にあやかった「ONO」を製作。ケースはあわいブルー・ホワイト・ネイビーの3色ストライプに、ゴシック書体のONOの文字。MONOと似たようなデザインで、いわばシャレを効かせたパロディのつもりらしいが、イベントでの販売をはじめた2019年10月、商標権者の(株)トンボ鉛筆からクレームがついた。

小野市観光協会によれば、消しゴム製造業者から「字体やケースの色を変えれば問題ない。トンボ鉛筆にも確認済み」と説明されていたというが、パロディとはいえ、発売元は許諾をはじめとするコンプライアンスや知的財産管理を直接すべきであったことは、いうまでもない。

ただし、この事件は、すみやかに対処され約千個を返品。協会とトンボ鉛筆では「どんなデザインなら許可を出せるか」協議をはじめている。

ちなみにMONOブランドは、知的財産業界では、色商標第1号として知られる。
色彩のみからなる商標の登録には顕著な識別性が必要で、昭和44(1969)年から使用している3色ストライプは周知性の高さが立証された。

高知の財布!

https://kochi.fashionstore.jp/items/14053706 より引用)

一方、上手なパロディで躍進しているところもある。財布など製造・販売の(株)ブランド高知だ。

20代の若者が立ち上げた地域ブランドで、出身地の高知県を盛り上げようと企画。丸みを帯びた漢字の書体「高知」をあしらったデザインの財布を開発した。
米国のハイブランド「COACH」と似た読みの「こうち」であることが評判を呼び、お笑い芸人がSNSに投稿するや爆発的ヒットに。さらにパロディ界の勝訴例として名高い「フランク三浦」(フランク・ミュラーのパロディ時計)ともコラボして、活況を呈している。

ONO消しゴムはNGで、高知の財布はなぜOKなのか。

パロディに関わる知的財産関連法は①著作権法②商標法③不正競争防止法の3つ。いずれも権利者からの親告が基本になっていることがポイントだ。

実は「高知」は2017年に商標出願したが著名商標と混同のおそれがあるなどの理由で拒絶査定を受け、登録に至っていない。が、COACHの方は問題視していないので、OKというわけだ。もちろん“いまのところ”である。

思いついたダジャレで商品化できるかどうか。グレーゾーンも広く、見極めも必要。ぜひご相談ください。

出典:2019/12/11刊行 特許業務法人プロテック「ちざいネタ帖」

特許業務法人プロテックの情報を詳しく見たい方はこちら
https://protec-inc.jp/

新着