Menu

【ちざいネタ帖vol.6】まだまだ続く「うんこ」ブーム♪

ここ数年、「うんこ」が人気を博しているのをご存知だろうか。

ブームのきっかけとなったのは、2017年に文響社が出版した『うんこ漢字ドリル』。小学校で学ぶ漢字1006字を3つずつ、合計3018の例文にうんこを使うという学年ごとの学習書だ。
例えば…「天気(よ)ほうで見たことのないうんこマークが出た」、「ずっと前からうんこがもれる予(かん)がしていました」(3年生版より)等々。シリーズ累計398万部(2019年2月)を突破する大ヒットを更新中だ。

実はドリルの大ブレイクに先行して、うんこに着目し事業化をはじめていた企業があった。その名も(株)うんこ。
知的財産業界では、2014年に初めてとぐろを巻いたうんこの図形商標(25類被服等・登録第5712612号)を出願した会社として知られる。というのも、出願の際、代理人からは「審査の過程で、登録にならない可能性がある」といわれていたらしい。

これは、商標法の「公序良俗違反」(第4条第1項7号)というルールの解釈をめぐるもの。
公序良俗とは、国家・社会の公共の秩序と普遍的道徳を意味し、公序良俗を害する商標として、非道徳的、ひわい、差別的、他人に不快な印象を与える文字や図形などを指している。

登路にならなかった例として、殺害を意味する「KILL」や歴史上の人名の「仏陀」「ヒトラー」、国際信義にに反する「ヤンキー」などがある。

凡例はあるものの、公序良俗違反の概念は抽象的であるし、価値観は時代とともに変遷するため、グレーゾーンも大きい。
それが先の代理人の見解であり、また当初は図形商標で出願するという判断だったかもしれない。

おならもOK!

(株)うんこは、もともと安全靴等の卸販売をする(株)のばのばの関連会社で、新業態開拓のため、競合がなかったうんこビジネスへと大きく舵取りをしたそうだ。
とくろマーク登録後の2016年には、「unco」「うんこ」を商標登録。オリジナルTシャツやスニーカーなどをオンラインショップで販売するほか、いまや「うんち」や「おなら」など、おしりまわりの商標は全部登録したそうだ。

これ以外にも、2019年3月、面白法人カヤックが、東京お台場と横浜に「うんこミュージアム」をオープン。
またドリルの文響社も、うんこ例文やうんこ作家コンテストのほか、うんこ書道展などのイベントも実施。
うんこ人気は、複数の業態を巻き込んでさらに広がりをみせている(ちなみに、商標では食品の区分での出願登録はいまのところない)。

ところで、うんこ、と口にしただけで、思わず笑いがこみあげてしまうのは、何も小学生男子に限ったことではない。
さて、このテキスト内で、何回うんこを連発したと思いますか?

出典:2019/11/14刊行 特許業務法人プロテック「ちざいネタ帖」

特許業務法人プロテックの情報を詳しく見たい方はこちら
https://protec-inc.jp/

新着