Menu

【ちざいネタ帖vol.9】「KIMONO」と文化の盗用

アメリカのタレント、キム・カーダシアン・ウエストさんが、自身の矯正下着ブランドに「KIMONO(キモノ)」とネーミング。2019年6月に米国においてロゴで商標出願を行い、ドメイン名を取得するなど、事業展開をツイッターなどで大々的に発表するやいなや、米国・日本内外でたちまち炎上してしまった。

日本の伝統的な民族衣装を侮辱するものだという批判の声が噴出し、日本からは、京都市長がブランド名を再考するよう書簡を送付。
書簡では着物を「日本人の美意識や精神性、価値観の象徴」と位置づけ、着物文化のユネスコ無形文化遺産への登録を目指す取組を紹介しながら、私的に独占すべきものではないとした。

この他、経済産業層をはじめ、和装の業界団体までが声を挙げた。英国ロンドンの博物館のSNSでも、「着物は16世紀から日本で階級や性別を問わずあらゆるひとの主要な衣服となり、いまも日本の文化を象徴する」と説明し、抗議のためのハッシュタグもまたたくまに広がり、欧米メディアにも採りあげられた。

一方のカーダシアンさんは、「日本文化における着物の重要性を理解し、尊敬の念を持っている」としながらも、当初はKIMONOというブランド名を変えるつもりはないとしていたが、批判の高まりのなかで1週間後には撤回するに至った。炎上商法という説もある。

ちなみに、キム・カーダシアンさんの愛犬の名は、「SUSHI(スシ)」。日本文化を理解(?)したうえで、あえてネーミングしたことがわかる。

七輪のタトゥは笑い話に

このところ、とくにファッション業界を中心に「文化の盗用」が問題視されることが多くなっている。

例えばメキシコ先住民の伝統的衣装を盗用したといわれたイザベル・マラン(仏)、白人モデルにシーク教徒のターバンを巻いて登場させたグッチ(伊)、メキシコの伝統を称賛する広告キャンペーンに白人女性を起用したディオール(仏)など、ハイブランドも非難の対象になった。

文化の盗用は英語の「cultural appropriation」の翻訳で盗むニュアンス以外に私物化の意味がある。力のある文化が力の弱い文化を利用することを意味し、異なる文化の間に力の不均衡が存在する時に起こる。

米国の根深い人種差別と、多様性を重視する時代背景の中で、問題がクローズアップされるようになってきた。KIMONOの件では、日本もいまだ差別の対象ということを露呈してしまった。

日本文化の盗用といえば思い出すのが、米国の歌手、アリアナ・グランデが手のひらに描いた「七輪」というタトゥ。ヒット曲タイトル「Seven Rings」のつもりで彫ったものらしいが、日本からは「それ、焼肉焼くやつ(笑)」の反応。批判の声はほとんど挙がらなかったそうだ。

出典:2019/7/30刊行 特許業務法人プロテック「ちざいネタ帖」

特許業務法人プロテックの情報を詳しく見たい方はこちら
https://protec-inc.jp/

新着