Menu

現役弁理士が選んだ!2022年下半期の知財ニュースまとめ

新年明けましておめでとうございます!

知財タイムズでは、今年も知財にまつわる様々な情報を発信していきたいと思います。

今回お届けするのは、現役弁理士がピックアップした2022年8月~2022年12月の各月で話題となった知財業界のニュースまとめです。

2022年8月

2022年8月は、新型コロナウイルスの勢いが強かった時期。そのような世情を反映したかのように、知財業界でもコロナ関連のニュースが多く見られました。

2022年9月

9月は知財の専門家でなくとも興味を引く、あるいは知っておきたいニュースが比較的多く報道されました。

2022年10月

9月に引き続き、10月もトヨタやかっぱ寿司など、世間を騒がせる知財ニュースが報じられています。

なお10月にはJASRACの最高裁判例にまつわるニュースが、業界内外から注目をあつめました。

しかし最高裁で示された内容について踏み込んだ記事は当時まだ無かったので、今回編集部にて2つの記事を参考として紹介いたします。

JASRAC対音楽教室裁判の最高裁判決について

JASRAC・音楽教室裁判最高裁判決-カラオケ法理は終焉を迎えたか 橋本阿友子|コラム | 骨董通り法律事務所 For the Arts

2022年11月

11月も多くのニュースが流れていましたが、法改正に関する話題が複数あったのが大きなトピックに数えられるでしょう。

今回は仮想空間における知財権の保護(11/21)、氏名の商標緩和(11/24)の2つが話題に上がりました。

2022年12月

一年の最後、12月に起きた出来事からは6つのニュースをピックアップ。日産・ルノーの交渉のように業界外からも注目を集める話題が選出されています。

2023年はどんなニュースが起きるのか?知財タイムズで最新情報をゲットしよう!

2022年下半期のニュースを振り返っていきました。

わずか半年の間にも、様々な出来事が起こっていましたね。はたして、2023年はどんな出来事が話題になるのでしょう。

知財タイムズでは、旬の知財ニュースを日々紹介中!毎日のニュースまとめはトップページや下のページから確認できます。

>>最新の知財ニュースを見る

>>過去の知財ニュースを見る

また毎月初旬には「先月の知財ニュース&最新の求人情報」をメールマガジンにて配信中。毎月サクッと話題ニュースまとめを確認したい方は、ぜひメールマガジンにご登録ください。

そのほか、重要度の高いテーマを本格的に解説した記事も随時公開しています。Twitterにて記事公開のお知らせを出しているので、フォローのほど、よろしくお願いします。

特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!