Menu

商標登録の費用をかんたん解説!

商標 費用

商標登録の費用ですが、自分で出願をする場合約3万円~。
弁理士に依頼する場合は特許事務所によって異なりますが、約14万円~が相場となっています。

併せて相場の半額以下で商標が取得でき、無料で弁理士に相談できるスピード商標登録申請もご紹介いたしますので、お得にしっかり商標を出願しましょう!

複雑な手続きや区分の決めを自分でするのは現実的に難しいので、弁理士に依頼する前提で考えておきましょう。

今回は商標登録にかかる費用をすぐにわかるよう、簡単に解説していきます。

商標登録にかかる費用の内訳

まず商標登録にかかる費用の内訳をご紹介します。

  • 出願時印紙代
  • 登録時印紙代
  • 弁理士費用

大きく分けて上記の3つの費用が掛かります。
出願時印紙代と登録時印紙代は特許庁に納める印紙代のため、必ず発生する費用となります。

弁理士費用は特許事務所に依頼をする場合のみ必要で、
個人で出願を行う場合には発生しません。

出願手数料

出願手数料は、出願する区分の数によって変化します。

1区分2区分3区分
出願手数料12,000円20,600円29,200円
※1区分追加ごと+8,600円

区分とは?

区分とは商材の分野のことを指し、商標登録においての区分は第1類から第45類まであります。

商標の権利はこの区分内でのみ有効となるので、どの区分で権利を取得する稼働がが非常に重要です。

例えば飲食店として商標登録を行う場合第43類で登録を行いますが、料理教室の事業も行っており、その区分でも商標を取得したい場合は第35類も併せて取得する必要があります。

区分選びは悩むことも多いと思うので、特許事務所に相談することをおすすめします。

登録時印紙代(登録料)

登録料とは、出願した商標が審査通過となった場合、特許庁に納める必要があります。

費用は登録年数が5年間分か、10年間分かによって異なってきます。

5年間の場合の登録料

1区分2区分3区分
登録料16,400円32,800円49,200円

10年間の場合の登録料

1区分2区分3区分
登録料28,200円56,400円84,600円

5年と10年登録するならどっちがいいの?

費用面で比較すると、10年間の登録料を一括納入した方が、安くなる計算になります。
これからもずっと維持していく予定のブランドや店名などは、10年で登録した方がお得でしょう。

しかし10年となると比較的長いスパンでの権利化となります。
名前が変わりそうな新規事業名や商品名などは、5年の登録費の納入を選ぶ人も多いです。

5年1 区分で商標を取得した時の総額

冒頭でも解説した通り、5年1区分で商標を取得した場合、費用総額は約14万円です。

ここで注意が必要なのが、特許事務所によって弁理士費用は異なるという点です。

ご紹介している(R)スピード商標登録申請なら、取得の総額は約8万円。
特許事務所平均の約半額で取得が可能です。

基本セルフサービスで商標出願を行うオンライン出願サービスと大差のない金額で、商標専門の弁理士からしっかりとしたサポートを受けることができます。

初回相談は無料なので、まずは専門の弁理士に相談してみましょう!

個人で出願する場合の総額

個人で出願する場合の費用は、印紙代(出願手数料・登録料)のみがかかります。
実際にかかる総額の費用を、モデルケースを用いて解説します。

総額費用(1区分・5年の場合)

出願手数料12,000円
登録料16,400円
合計28,400円

1区分・5年を個人で出願した場合は、総額で28,400円の費用がかかります。
商標登録を行う中で最も安価なケースです。

総額費用(2区分・10年の場合)

出願手数料20,600円
登録料56,400円
合計77,000円

2区分・10年を個人で出願した場合は、総額で77,000円の費用がかかります。

個人で出願する場合の注意点!

個人で出願する場合、複雑な書類作成と手続きや区分選びを自分でしなくてはなりません。

またしっかりとした調査をせずに出願を行うので、拒絶されてしまう可能性の高くなります。
拒絶されたら、意見書の提出などの手続きが必要となるので、手続きのハードルがさらに高くなります。

しっかりと権利を守るためにも商標登録は弁理士に依頼するようにしましょう。

商標 注意点

弁理士に依頼する場合の総額

商標登録を弁理士に依頼する場合、相場は約14万円です。(取得にかかる総額費用)

  • 調査費用:公表なし
  • 弁理士出願手数料:66,989円
  • 弁理士成功報酬:45,509円
  • 印紙代:28,400円

弁理士費用の総額は、1区分あたり約12万円というのが相場となっているようです。(弁理士会調べ)

弁理士費用の相場

弁理士会の調査した、費用の相場について詳しく解説していきます。

調査費用

商標登録を行う前に、既に類似の登録がないかどうかを調査するための費用です。

事務所によって費用は異なりますが、出願を依頼するとなった場合は調査費用が無料となる事務所もあります。

出願手数料

出願の際に払う弁理士費用です。
日本弁理士会の調査によると1区分あたり約70,000円というのが平均額となっているようです。
(日本弁理士会調べ)

出願手数料の相場:66,989円

成功報酬

商標登録を行う際に支払う費用となります。
1区分あたりの平均額は約45,000円となっているようです。
(日本弁理士会調べ)

成功報酬の相場:45,509円

商標出願にかかる料金を徹底比較!

最近では安価に商標出願できるオンライン出願サービスも出てきています。

新たに商標登録の依頼先ができて、どこに頼めば良いのかわからない!という人も多いかと思うので、

  • オンライン出願サービス
  • (R)スピード商標登録申請
  • 全国特許事務所平均 (弁理士会調べ)

これら3つの費用を比較します。

併せてオンライン出願サービスと弁理士相談の特徴を解説していきますので、自分に合った出願方法を選びましょう!

商標登録の費用/特徴 比較表

商標費用 比較表

スピード商標登録申請は通常69,800円の出願手数料ですが、特許出願ラボからのお問合せで、出願手数料49,800円で依頼できます。

1区分/5年登録:78,200円(総額)と相場の約半額で商標取得が可能です。

  • 調査費用:0円
  • 出願手数料:49,800円
  • 成功報酬:0円
  • 印紙代(特許庁費用):28,400円

調査費用・成功報酬0円、かかる費用は出願手数料と特許庁印紙代のみなので、ややこしい計算の必要がありません。

相場と比較しても、1区分の出願で約6.2万円も安く出願を依頼することができます。

商標登録 費用

 

商標登録は値段だけで事務所を選ばないでください!

商標登録の手数料は特許事務所によって大きく異なりますが、依頼先を決める時は絶対に費用だけで選ばないでください。

しっかりと権利を守れる商標が取れるかどうかは、弁理士の腕次第です!
誤った区分での取得や、取得する区分や役務に漏れがあっては、権利を守ることはできません。
依頼の際はしっかりと商標登録の実績が豊富な事務所を選びましょう。

原田国際特許商標事務所は

  • 商標申請数2000件以上(直近1年間)
  • 商標申請数 全国第2位(2020年)
  • 商標審査通過率 95.3%

の実績を持つ商標登録に強い事務所です!

安心して商標登録をお任せすることができます。

まとめ

商標登録の費用は

  • 何区分で出願するのか
  • 何年間で登録を行うのか
  • どこの特許事務所に依頼をするか

によって費用が異なってきます。

中でも特許事務所によって手数料は大きく異なるので、事務所選びが重要です。

原田国際特許商標事務所のスピード商標登録申請は、相場の約半額で商標の取得が可能です。
商標登録件数2000件以上の経験豊富な弁理士がしっかりとサポートしてくれます。

商標登録は早いもの勝ちですので、商標取得を検討しているのであれば今すぐ原田国際特許商標事務所に相談しましょう!

商標登録 
商標登録 料金表

商標登録の関連記事

TOPへ戻る

タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!