Menu

未来志向合同会社が特許を取得、コロナ禍明けの店舗型ビジネス集客におけるイノベーションを加速

未来志向合同会社は、同社で開発したMAPLINKに関し、SNSとGoogleビジネスプロフィールの投稿における自動連携機能の特許(特許第7199755号)を取得した。

MAPLINKとは、Instagramの投稿をGoogleビジネスプロフィールに自動反映させ、手軽にMEO対策へ取り組むことができるもので、店舗を構えるローカルビジネスオーナー必見のツールだ。

特許技術にかかる自動連携機能は、Instagram上に投稿したフィード投稿やストーリーズをGoogleビジネスプロフィールに自動的に反映する。これにより、ビジネスオーナーやマーケターは、手動での情報更新作業を省略することができ、時間と労力の節約ができる。

また、 Googleビジネスプロフィール内の店舗情報の充実はGoogleマップ内での店舗情報を最適化するMEO(Map Engine Optimization)対策にも大きな効果があるため、Web集客の初心者や開業間もないビジネスオーナーでも安心してMEO対策ができる。

コロナ終息後、観光業や飲食業などの事業者は、集客のために新たなアプローチへと取り組む必要に迫られる。そこで、SNSマーケティングは有力な選択肢の一つであるが、今回登録された特許の内容を不用意に実施してしまわないようチェックしておこう。

参考

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000078527.html

MAPLINKホームページ:https://miraisikou.com/product/maplink/

特許事務所・知財部の専門求人サイト「知財HR」

業界別ニュース

タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!