Menu

AI×自社技術での活用好事例!木材モノづくりサービスのEMARFが、ChatGPTを活用して設計の自動化に着手

2023年5月9日、VUILD株式会社は、同社が展開する木材のクラウドプレカットサービス「EMARF」にて、ChatGPTを活用して”会話から3Dモデルを生成する”ツール「EMARF AI(仮)」の開発に着手したと報じました。

このツールにより、ユーザーは設計スキルがなくても、AIと会話するだけで自身が想像しているものを即時3Dモデル化することが可能となるそうです。現状の開発状況でも、「EMARF AI」によって生成された3DモデルをEMARFで実際に加工依頼可能な段階まで進んでいるとのこと。

VUILD株式会社は、これまでデザインから制作までを一気通貫でサービスを行ってきています。その培ってきた接合部や構造強度などを含む設計ノウハウをデータ解析、パターン化することで、AIで自動生成する技術を開発しました。これにより、CADやデザインのスキルがなくても、誰でも簡単かつ迅速にオリジナルのものづくりができる未来が近づいてきています。

出典:PR TIMES

同社の特許情報を見ると、ユーザーが木材の加工をするのをサポートするシステム開発を進めてきていました。(下図参照)

これまでの技術開発の蓄積に加え、ChatGPTを組み合わせた新たなインターフェース・自動化を進める点が興味深いところです。

AIをベースとして、新たなソフト開発等が目立っているところではありますが、既存のサービスのアップデートのために活用する(今回の場合は、設計要件の入力手段として)というのは、参考になる方も多いかと思います。

特許出願の観点でも、こういった発想のもとに、AIを前提とした出願が同社からも出てくるかと思います。

昨今、AIは急激に出願数伸びている観点でもありますので、他社が先に出願する前に、自社サービス×AIという点で出願要否について一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

参考

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000031751.html

業界別ニュース

/かんたん1分!入力するのはメールアドレスのみ!\

タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!