Menu

【新商品】HW ELECTROの多用途商用車の中型EVバン「ELEMO-L」登場!

出典:PRTIMES

HW ELECTRO株式会社(所在地:東京都江東区 代表取締役社長:蕭 偉城、以下「HW ELECTRO」)は、2023年3月21日(火)より、中型EVバン「ELEMO-L」の先行予約を開始した。

HW ELECTROについて

HW ELECTROは、「環境問題」と「社会貢献」の視点から「The Essential Piece of Mobility(人に、社会に、不可欠なピースであるために)」をコンセプトに、次世代の多用途EV商用車「ELEMOシリーズ」の車両の開発・製造と販売を行うファブレスメーカー。

輸入の小型EV商用車のナンバーを国内で初めて取得(2021年4月)して以降、「ELEMO」を2021年7月24日、「ELEMO-K」を11月20日より販売を開始している。そして今回、中型バン「ELEMO-L」の販売開始のリリースとなった。(2023年6月予定)

販売開始に先立ち、3月21日(火)より公式HPにてELEMO-Lの先行予約を開始予定。需要の伸びている運送用の車両としてはもちろん、公共サービス車両やキャンピングカー等のライフスタイル活用での利用も期待される。カスタム次第で多用途に使用可能な応用性の高いモデルとなっている。

なお、ELEMO-Lは年間500台の販売目標になるとのこと。

知財視点での同社の分析

「HW ELECTRO株式会社」が出願人の特許・意匠・商標で検索すると、商標6件が見つかった。

HW ELECTRO株式会社は、欧米を中心にEV車を展開するCENNTRO社から車両を日本仕様にして展開。ブランド名はオリジナルになるため、”ELEMO”で出願・登録となっている。

特許・意匠については、開発元であるCENNTRO社側が保有していると思われる。(HPにて紹介:http://electricvan-inc.com/design-and-development.html

※J-Prat-Patにて”CENNTRO”、”セントロ”の検索では関連出願のヒットなし

今回発売が決定したELEMO-Lについては、同型のモデルがCENNTRO社ではLogistar260として既出だ。

同社事業・知財を考えると以下の点で参考になると考えられる。

①他国ですでに進んでいるEV事業を輸入することで早期に事業化

→新規事業を興す際のリスク・コストの低減。IP視点でも輸入元の取組状況によっては優位な環境を得られる可能性がある

②ブランド名を自社オリジナルにすることで、自社でのIP取得が可能

→輸入元との差別化が可能

③輸入元のブランドについても商標を取得

→EVで先行している同ブランド(日本で未展開)について、日本での模倣を抑制できる

EV ELECTRO株式会社では、現在はベース車両をCENNTRO社に頼っている状況ではあるが、今後の成長によっては自社オリジナルモデルの開発も行われると思われる。その際には、特許・意匠についても取組まれると想像できる。継続的にIP情報を確認することで、同社の事業も予測できる可能性がある。

日本のEV市場については、近年ニュースも増え、注目が増している。以下のように、年々検索数も増加傾向にある。

参考:Googleトレンド 日本での”EV”検索状況

今後もEV業界並びにHW ELECTRO株式会社の活躍に期待したい。

参考

PRTIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000080318.html

HW ELECTRO社ホームページ:https://hwe-cars.jp/

CENNTRO社ホームページ1:https://cenntroauto.com/vehicles/

CENNTRO社ホームページ2:http://electricvan-inc.com/design-and-development.html

HWエレクトロ、EV組立とPDIを老舗の機械メーカーに委託:https://response.jp/article/2023/03/17/368768.html

業界別ニュース

/かんたん1分!入力するのはメールアドレスのみ!\

タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!