Menu

救急車「日産パラメディック」にスイッチ1つで視界切替ができる調光フィルムが採用。特許から見る海外進出の気配

出典:PR TIMES

株式会社正興電機製作所は、同社のスイッチのON/OFFで透過/遮蔽を一瞬で切り替える調光フィルムが、日産自動車株式会社より販売される高規格準拠救急車「日産パラメディック」に電子シェードとして採用されると2023年4月6日に報じました。

本フィルムの搭載された日産パラメディックは、23年4月より発売開始の予定です。

同社の調光フィルムは、救急車後部のガラス(バックドアガラス・左サイドクォーターガラス・左サイドガラス・左スライドドアガラス前側・後側)のそれぞれ上部1/2に電子シェードとして装着されています。驚くべき点は、電子的に働くため、配線が必要なフィルムでありながら、スライドドアへの取り付けも実現しているところにあります。

フィルムのスイッチOFF(遮蔽モード)では車内照明がついたまま移動する傷病者のプライバシーを守り、スイッチON(透過モード)では車内から外の様子確認が可能となっています。

このフィルムは耐久性にも優れているという特徴があります。救急車なので、出動後に毎回行われるアルコールやオゾンを使用した消毒清掃という厳しい環境にありながら、耐えられることを信頼性試験で確認されています。

同社の知的財産活動については、継続的な特許出願が行われていますが、基本的に国内のみの出願のようです。しかしながら、調光デバイスに関する出願は海外にも積極的に展開されており、今後の海外事業拡大の意志が見受けられます。

知財視点からも今後の海外事業の加速化を期待できそうです。

参考

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000057160.html

調光フィルムSILF(シルフ):https://www.silf.jp/

特許事務所・知財部の専門求人サイト「知財HR」

業界別ニュース

タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!