Menu

クロネコヤマトの新サービス名?「にゃんペイ」関連商標を考察する-iP Times.-

iptimes

(この記事は、2022年4月19日に商標専門弁理士が作成したものです。)

こんな方に向けた記事です。
☆キャッシュレスサービスの業界にお勤めの方へ
☆商標登録出願から企業の新サービスを推測したい方へ
☆いつも宅配等でヤマトさんを利用されている方へ

本記事のここがポイント!!

サービスリリース前の商標登録は円滑なビジネス展開において必須条件!
今日は、まだ正式発表前の運送業界最大手のヤマトホールディングス株式会社のネーミングを考察します。

かわいいナイスなネーミング「にゃんペイ」!

ヤマトホールディングス株式会社が新たな商標「にゃんペイ」を出願していたことが分かりました!

指定商品役務やそのネーミングより、ヤマトホールディングス株式会社が提供するキャッシュレスサービスの名称と推測されます。

「にゃんペイ」!

とてもかわいい名前で覚えやすい、素晴らしいネーミングです!

(引用:商願2022-13262|https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-013262/4FC2ADB04257CA1A65FBEC3A6B96914742DEE0D4EF6EC2964FC6092EF38768A7/40/ja)

(引用:商願2022-30173|https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-030173/9272468AD50285565027DDC3ED46D9EB14A79FBE3C71E6D17A0E05490AC1AC41/40/ja)

私の率直な感想としては、

よく「にゃんペイ」があいていたな!商標登録されていなかったな!

ということに尽きます。

シンプルで覚えやすいネーミングは皆が登録したいと考えるために、先に登録されていることも少なくありません。

先に登録されていたら、後に登録を望む人はその登録を断念せざるを得なく、そのような状況は珍しくもありません。

この「にゃんペイ」は、猫を連想させる「にゃん」と近年ではキャッシュレスサービスを連想させる「ペイ」の結合した商標であり、先に出願されている類似商標もあるかな〜と予想しましたが、どうやら類似商標の出願はなさそうで、登録可能性は良好ですね。

現サービス名は?

ヤマトホールディングス株式会社は既にキャッシュレスサービスを「クロネコペイ」の名称で提供しております。

(引用:ヤマトホールディングス株式会社HPより|https://business.kuronekoyamato.co.jp/service/lineup/payment_kuronekopay/index.html)

もちろん、商標登録出願をしたからと言って、直ちにサービス名の名称変更が行われる訳ではありません。企業は「ストック商標」といって、現時点で使用見込みが薄いものでも、まずは商標登録をしておくといった戦略を取ることもあります。

しかし、今回の場合、文字商標の「にゃんペイ」の他、ロゴ商標の「にゃんペイ」も出願をしています。現時点でロゴも作っているということは、それだけ本気度が高いので、早々に新サービス名が「にゃんペイ」に変わるのかもしれませんね。

まとめ

出願一つをとっても、各企業の知財戦略がよく分かります!

iP Timesでは、良質な記事を用意しておりますので、他の記事もぜひご一読ください。

iPTimes
タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!