Menu

新庄ビックボス、ピンチ!?「ビッグボス」グッズは開幕に間に合うか?-iP Times.-

(この記事は、2022年1月25日に作成されたものです。)

こんな方に向けた記事です。
☆新庄ビッグボスファンの方へ
☆日本ハムファイターズのグッズ動向が気になる方へ
☆スポーツビジネスと商標登録の関係を事例として学びたい方へ

本ニュースのここがポイント!!

・「ビックボス」がグッズに使えなくなるかも?
・日本ハム球団が今シーズン「ビッグボス」グッズを販売するには

「ビッグボス」がグッズに使えないかも?

先日、日本ハムファイターズの今シーズン使用するユニフォームが発表されましたー。

新庄監督、、、じゃなかった、新庄ビックボスは日本のプロ野球界に変革を起こし続ける存在で、まさにスーパースターですね!

その采配がふるわれるペナントレースもとても楽しみな野球好きの筆者です。

「監督とは呼ばず、ビッグボスを呼んでくれ。」

まるで映画のセリフのようですよね。

そう。その「ビッグボス」なるコトバ。

当然球団としては、その「ビッグボス」をグッズ類に使用したい!とかんがえていると思うのですが、調べるとちょっと困った問題に直面しているようです。

それは、「BIG BOSS」が先に商標登録出願されていること!!

(引用:特許庁データベース J-platpatより)

一番ほしいであろう衣類系などで、他人に、先に出願をされてしまっています。

レプリカユニフォーム・ビッグボスTシャツ、リストバンド。

ぜひ売りたいグッズ類だが、商標の問題を解決するまで販売は難しそうだ。

日本ハム球団が今シーズン、「ビッグボス」グッズを販売するには

さあ、どうする日本ハムファイターズ。

この問題は「敬遠」せずに、ど真ん中の「直球」で解決すべし。

まず、方法としては、どうにか出願を譲ってもらえないか?と先の出願人と交渉する。

言い換えると、お金を払って名義を譲ってもらうのです。

もし、それがダメならライセンス料を払って、使用させてもらう。

このあたりが主な対応策として考えられますね。

日本ハムファイターズとしては多額の売り上げを見込めるグッズ類について、このまま販売できませんでしたーとはいかない。

2ストライクに追い込まれた時、

ストライクからボールになるフォークボールは見逃してもよいが(というか見逃すべきだが)、この売上アップのチャンスは逃してはいけない。

ここは、球団として腕の見せ所だ!

まとめ

現役時代、敬遠球をヒットにして、周囲をあっと言わせた新庄ビッグボス。

この問題も、あっと言わせる解決策をひねり出せるのか注目したい!

iPTimes
タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!