Menu

オリンピック商標シリーズ(3)〜有名ワード編〜あのワード、商標登録されている?-iP Times.-

(この記事は、2022年2月4日に商標専門弁理士が作成したものです。)

こんな方に向けた記事です。
☆過去のオリンピック名フレーズなどを知りたい方へ
☆オリンピックの思い出に浸りたい方へ
☆有名ワードが商標登録されているかちょっと気になる方へ

本記事のここがポイント!!

・登録商標か気になる有名ワード厳選5選!

登録商標か気になる有名ワード厳選5選!

(なお、2022年2月現在で存続していることが確認できている商標に限ります)

1、ちょーきもちいい

<開催オリンピック>2004年アテネオリンピック

<競技と人物>水泳・北島康介選手

<コメント>金メダル獲得時の心の底からでた叫びワード!いや、震えましたね!

<商標的にはどうなの?>良い商標です。品質表示などでもなく、登録しやすいワードです。

(引用:特許情報プラットフォーム|J-PlatPat

登録商標は2件ありました。

そして、登録商標第4961546号の方は、2005年に出願されていますから、おそらく北島選手のセリフを拝借されたのではないでしょうか。

2、イナバウアー

<開催オリンピック>2006年トリノオリンピック

<競技と人物>フィギュアスケート・荒川静香選手

<コメント>イナバウアーはフィギュアスケートの技の名前で、イナ・バウアー選手という外国人選手の名前から取ったようです。

<商標的にはどうなの?>イナ・バウアー選手がもっと有名であれば話は別ですが、基本的には登録OKの商標です。

(引用:特許情報プラットフォーム|J-PlatPat

登録商標はありませんでしたが、上記のような「イナパウアー」と読める商標は2件登録されておりました。

なお、「イナバウアー」の商標については、2007年当時には以下のような決定がなされておりました。

「イナバウアー」商標登録認めず – J-CAST ニュース

引用:https://www.j-cast.com/2007/05/22007802.html?p=all

やはり、流行り語の出願とのは、一定のリスクはありますね。

3、自分で自分を褒めたい

<開催オリンピック>1996年アトランタオリンピック

<競技と人物>マラソン・有森裕子選手

<コメント>インタビューでの感動的なセリフでしたね。2大会連続のメダルは素晴らしい!

<商標的にはどうなの?>商標としては機能しにくく、キャッチフレーズ的な要素があります。キャッチフレーズは登録不可の場合もあります。(商標法3条1項6号)

こちらは、登録商標がありませんでした!

4、もぐもぐタイム

<開催オリンピック>2018年平昌オリンピック

<競技>カーリング

<コメント>競技の合間に作戦を立てつつ、栄養補給のためにフルーツを食べたりすること。結構、もぐもぐするんだなと思った記憶があります。

<商標的にはどうなの?>商品の品質などを表示するものでもないため、商標としては適しております。

こちらも同一の商標はなかったのですが、類似商標は登録されていますね。

2018年平昌オリンピックがあって、2018年に出願されていますから、やや意識はされたのかもしれませんね!

5、船木ぃ〜

<開催オリンピック>1998年長野オリンピック

<競技と人物>スキージャンプ・原田雅彦選手

<コメント>船木選手のスキージャンプ成功を込めて、飛び出したセリフ。

<商標的にはどうなの?>名字については、特にありふれているものは基本的に登録不可となります。

こちらも登録商標はありませんでした!

まとめ

結構期間が経過していることもあり、意外と登録商標が少ないな。というのが私の感想です。懐かしい気分を味わっていただけましたでしょうか。

オリンピックの関連については、他の記事も多数ご用意していますので、ぜひお読みください。

タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!