Menu

令和4年度 特許庁デザイン経営プロジェクトのオンライン・イベントが公開

令和4年度の特許庁デザイン経営プロジェクトが主導する「I-OPEN」プロジェクトおよび「中小企業のデザイン経営×知財」プロジェクトに関するオンライン・イベントの公開について、2023年3月22日に発表された。

I-OPENプロジェクトと「中小企業のデザイン経営×知財」プロジェクト

I-OPENプロジェクトは、様々な社会課題の解決に取組むスタートアップ企業、非営利法人や個人事業主の方々(I-OPENER)と、知財やビジネスに精通した専門家のサポーターとが一つのチームになって、共に考え、行動し、知的財産を活用しながら社会課題を解決できるようにサポートする伴走支援プログラムである。

また「中小企業のデザイン経営×知財」プロジェクトでは、企業を取り巻く環境が大きく変化する中、変革に挑む次世代経営者と支援者の取組を後押しするため、企業の持続力を生み出す「デザイン経営」と「知財活動」に着目したリサーチや情報発信を行っている。

なおこれらの事業はソニーグループ株式会社のデザイン部門であるクリエイティブセンターと、ソニーデザインコンサルティング株式会社が受託し、活動全般の企画運営をしている。

公開された動画の概要

I-OPENパネルセッションでは、令和4年度の有識者による伴走支援・コミュニティ・事業広報の領域で、それぞれの専門性や知見を活かした議論が行われた。I-OPEN活動報告では、令和4年度に実施した11社のI-OPENERの気づきや成果を元に、専門家のサポーターとコメントと共に、社会課題解決に使える知財活用の可能性を紐解く。

◆I-OPENプロジェクトウェブサイト

「中小企業の未来をひらく デザイン経営×知財セミナー」では、企業の持続力を生み出す「デザイン経営」と「知財活動」に着目したリサーチの中間報告と専門家による講演、先駆的な取組を行っている次世代経営者による講演のほか、有識者からの応援メッセージが届けられた。

中小企業の未来をひらく「デザイン経営×知財」セミナー 動画

今回公開された動画を見ることで、知財を経営に活用するための大きなヒントが得られる。企業の経営者や知財部員の方々はぜひ視聴していただきたい。

参考

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000062020.html

関連記事

I-OPEN(アイ・オープン)の取り組み

特許事務所・知財部の専門求人サイト「知財HR」

業界別ニュース

タグ
特許の取得は弁理士に相談!
あなたの技術に強い弁理士をご紹介!