Menu

「BIG BOSS」商標続編。新庄BIGBOSSは国をも動かす!!-iP Times.-

(この記事は、2022年2月22日に商標専門弁理士が作成したものです。)

こんな方に向けた記事です。
☆以前のBIG BOSS商標の記事をご覧いただいた方へ
☆商標登録の具体的不登録事由が知りたい方へ
☆流行り語を商標登録出願した場合のケーススタディをしたい方へ

本記事のここがポイント!!

BIG BOSS商標について、特許庁の一次的な審査結果が示された。その内容はとってもキビシーイものだった!!

他人の「BIG BOSS」商標出願の気になる審査結果

こんにちは。

日本で一番「BIG BOSS」商標の動向をチェックしている弁理士の商標好き太郎です!

今回は、新庄BIG BOSSや日本ハム球団にとって死活問題である、第三者の商標「BIG BOSS」出願について、特許庁の一次的判断をみなさんにご紹介したいと思います。

特許庁が流行り語について、どのような判断を下したのか気になりませんか?

もし、概要を把握されたい方はこちらをまずはお読みください。

新庄ビッグボス、ピンチ!?「ビッグボス」グッズは開幕に間に合うか?

(引用:iP Times記事)

簡単にご説明すると、日本ハム球団よりも先に第三者が「BIG BOSS」商標を出願しているという状況です。そうです!この案件のポイントは「BIG BOSS」商標を出願したのは日本ハム球団ではないというところがめちゃくちゃポイントなのです!!

さて、その審査結果は。。。

  • 現時点では登録を認めることができない旨の通知っ!!

(引用:商願2021-138869 特許情報プラットフォーム|J-PlatPat

拒絶理由をまとめると以下のような感じです。

  • 「あなた」に登録を認めることは社会の状況からみて、妥当ではない
  • 「あなた」に登録を認めると、一般の人が日本ハム球団と関係がある者であるかのように誤認する
  • 「あなた」は不正の目的をもって登録をしようと見受けられる。だから登録は認めない

(※この場合の「あなた」とは、出願人である梶原源太氏を指します)

私は、

「なるほど、日本ハム球団以外には登録をさせないつもりだね。」

という感想を持ちましたね。

野球でいうと、「ノーアウト満塁!バッター、ゴジラ松井」くらいの絶対絶命感が出願人にはありそうです!

流行り語を出願するリスクについて

本件に勉強になるのは、特許庁側が具体的な事情を加味した判断をしているということです。

具体的には理由3において、出願日について言及している箇所があります。

(引用:商願2021-138869 特許情報プラットフォーム|J-PlatPat

「あなた(出願人)は、日本ハム球団の会見後に出願をしていますね。つまり、不正の目的がありますね。」ということを示唆しています(赤枠内参照)。特許庁がここまで明示するのは結構珍しく、その点社会的な影響度の高さを考慮しています!

このように、流行り語の出願というのはこういったリスクがあります。

例え、先に出願したとしても関係がない第三者には登録をさせないとする状況になりがちということですね。

但し、出願人はまだまだその登録性について特許庁と争うことができます。野球でいうと、序盤の3回裏が終わったあたりでしょうか。

私は、今後も引き続き本件を追っていくつもりです!

まとめ

「BIG BOSS」商標問題については、日本ハム側に追い風が吹いてきた模様。さて、今後の動向も引き続き注目だ!

iPTimes
タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!