Menu

必見!特許事務所の選び方

特許出願を行う時に、特許事務所選びは非常に重要となる部分です。企業や個人事業の命運を左右する可能性のある特許ですから、その特許出願をサポートしてくれる特許事務所を選ぶのはとても重要になってきます。

今回はどのように特許事務所を選べば良いのかという点について解説しようと思います。

かんたん4STEPチェック!

特許事務所を選ぶ際にまずは以下の4つのステップで考えましょう!

STEP1 -国内出願?海外出願?-

まずは出願しようとしている発明を海外にも出願するか否かを考えましょう。
海外出願は対応している特許事務所とそうでない事務所があります。

外国出願を考えている場合、外国出願対応の事務所を選びましょう。
また事務所によって強い地域や国は異なります。

実績等HPに記載している特許事務所が多いので、事前にチェックをしておくとよいでしょう。

特許出願ラボの場合は、提携事務所の紹介ページに情報を記載しています。

また外国出願にも様々な様々なパターンがあります。
外国出願についての詳細は以下のページで紹介をしています。
→【特許の外国出願】PCT出願とパリルートとは

STEP2 -出願の分野は?-

国内出願か外国出願か事務所を絞ったら、次は最も大切な出願分野です。
特許事務所といっても所属の弁理士によって、分野の得意不得意が異なってきます。

例えば、電気に強い特許事務所を探す場合でも、細かく分けると弱電系や強電系など分野内でも様々な違いがあります。バイオテクノロジーの場合でも、医薬品に分類されるのか、そうではないかなどで違いが出てくるでしょう。

特許の出願は担当する弁理士が命となるので、まずはしっかりと自分の発明の分野に知見のある特許事務所かどうかを見極めることが非常に重要です。

HP上にどの分野を専門に扱っているか記載している特許事務所もありますし、
記載のない場合は、初回相談の際に何の分野が専門か直接聞いてみるのがよいでしょう。

特許の世界は常に進化し続けています。各分野の進歩にしっかりとキャッチアップできているのとそうでないのでは、大きな差が生まれます。

しっかりと信頼の置ける弁理士に依頼を出しましょう。

特許出願ラボでは、提携の特許事務所には事前に専門分野についてヒアリングをしています。自分の出願分野に合った特許事務所を探すことができます。

STEP3 -サービス・サポート内容は?-

自分の発明の分野に合った事務所をいくつか絞ることができたら、各事務所のサービス・サポート内容をしっかりとチェックしましょう。

事務所によって単に出願代行を行うところから、知財に関するコンサルティングまでしてくれるところまで、サポート内容は様々です。事務所によっては補助金や、軽減制度の申請もサポートしてくれるところもあります。

自分にとってどのようなサポートが必要かしっかりと考えてから、事務所を見比べると良いでしょう。

例えば今まで何度も特許出願の経験があり、ある程度知識があるので出願の代行のみしてほしい!という場合と、初めての特許出願で何もわからない。。という場合では必要なサポートは大きく異なるでしょう。

初めての出願の場合、今後のビジネスの展開や事業拡大なども視野に入れ、総合的に知財のコンサルティングをしてもらった上での取得した特許と、単に出願して取得した特許では将来性が全く違うのです。

しっかりと将来につながる権利化をするために、まずは自分はどのようなサポートが必要か見直してみましょう。

STEP4 -予算は?-

サービス・サポート内容を見比べた上で初めて予算を考慮しましょう。
まずは費用を見比べるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、特許事務所を値段で決めては非常に危険です!

特許は事業の運命を左右する要因にもなり得る非常に大切な権利です。
また維持をするのにコストがかかるといった側面も持っています。
 (→特許年金って?具体的にかかる金額も徹底解説します!

自分の事業や今後の展望をしっかりと見据えて権利化をしないと、せっかくの特許が台無しになってしまう事だってあるのです。
事実世の中には活用されずに眠ってしまっている特許は数多く存在します。

そんな自体を防ぐためにも、しっかりと知財戦略を立てて権利化をするのが非常に重要なのです。

だからこそ費用で特許の出願を選ぶのではなく、しっかりと安心して任せられる事務所に依頼を出すのが重要です。
価格競争で勝負をしている特許事務所に依頼をしては、良い結果は望めないでしょう。

大まかな費用の相場は、以下のようになっています。

特許庁へ支払う費用特許事務所に支払う費用(平均)※合計
¥162,900¥418,682¥581,582
日本弁理士会調べ

より詳しい費用についての情報は下の記事で解説をしています。
 →徹底解説!特許出願にかかる費用と相場

確かに事務所によって費用は異なりますが、何十倍も高くなる!ということはありません。

大切な発明の権利化なのですから、単に安いというだけで事務所を選ぶのはやめましょう!

それでも費用がネックなら軽減制度を使おう!

そんなこと言っても予算がないのだから仕方ない。。。。
という人もいるでしょう。

費用面がネックになっているのであれば、補助金や軽減制度を使いましょう!
これらに関する情報はこちらの記事にまとめています。
→特許出願の際に使える助成金(補助金)

大規模事務所と小規模事務所どちらがいい?

事務所を選ぶ際に出てくる疑問の一つですが、この疑問についても言及していきます。結論どちらも長所があるので、どちらがいいという事はありません。

自分に合っているのがどちらかということを見極めるのが重要です。
これら事務所の一般的な特徴を紹介しますので、あくまで一意見として参考にしてください。

大規模事務所

大規模事務所とは複数の弁理士が所属し、年間で数多くの特許の出願を行っている事務所です。

特徴としては

  • 様々なケースの特許出願のノウハウが溜まっている
  • 幅広い分野に対応ができる
  • サービスが画一化していることが多い
  • 大量の出願依頼に対応ができる体制

などが挙げられるでしょう。これらの特徴から見てもわかる通り、大手企業の顧客が中心になっている場合が多いです。
※もちろん個人や中小企業も積極的にサポートしている事務所もあります。

幅広い分野に対応できたり、サポート体制がしっかりとしているのが大規模事務所の特徴ですが、サービス内容が画一化されている場合もあるので、フレキシブルにサポート内容を変えてもらうのは難しかったりします。

小規模事務所

小規模事務所とは弁理士は一人もしくは数人の事務所です。
小規模事務所の特徴は

  • 代表弁理士によって特徴が大きく異なる
  • 個人や中小企業の支援経験が豊富
  • フレキシブルに相談に乗ってくれる
  • 経験豊富な弁理士が一から相談に乗ってくれることが多い

比較的個人や中小企業の顧客数が多いのが小規模事務所の特徴でしょう。
大規模事務所に比べてフレキシブルに要望に答えてくれる事務所が多いのも特徴だと言えます。また代表の弁理士の方が一から対応してくれることも多いので、経験豊富な弁理士がマンツーマンでサポートをしてくれる所も小規模事務所の良さの一つです。

しかし年間で大量の依頼を出す予定がある場合、やはり大規模事務所に依頼をする方が良いでしょう。

特許事務所の探し方

ある程度どのように特許事務所を選べば良いかわかったら、実際に特許事務所を探して見ましょう!

ネットで分野×特許事務所で検索!

よくある方法としては、インターネットで[分野×特許事務所]で検索する方法でしょう。例えば[IT 特許事務所]で検索すれば、そのITに強い特許事務所がヒットするはずです。

しかしインターネットは情報が多すぎるので、どの事務所に依頼を出せば良いのか、逆に悩んでしまうこともあるでしょう。

特許出願ラボ問い合わせを!

特許出願ラボでは、出願の分野にあった特許事務所を探すことができます。
簡単な問い合わせフォームに登録いただければ、出願分野に合った特許事務所を最大3社ご提案いたします。

3社の中から自分に合った特許事務所を選びましょう。

複数の特許事務所の一括問い合わせから
実際の依頼まで手数料は完全無料

特許出願に関する関連記事

新着