Menu

<2020年版>企業別!特許の出願数ランキングTOP10

特許出願ランキング 2020年

2020年に発行された公開特許公報と特許公報の情報をもとに、企業別の特許出願数ランキングをご紹介します!

特許の出願数ランキング!(2020年11月時点)

早速特許の出願数ランキングの上位10企業を見ていきましょう!

順位出願企業出願件数前年順位取得件数
1キヤノン株式会社58951位3260(1位)
2トヨタ自動車株式会社52832位1873(4位)
3パナソニックIPマネジメント株式会社38503位2267(3位)
4三菱電機株式会社30144位3132(2位)
5株式会社三洋物産23626位832(21位)
6本田技研工業株式会社22708位1394(7位)
7株式会社デンソー22375位1638(5位)
8株式会社三共20627位1368(8位)
9セイコーエプソン株式会社20469位1169(11位)
10株式会社リコー199312位1404(6位)
参照:https://ipforce.jp/patent-ranking

堂々の1位はカメラなどでおなじみのキヤノン株式会社!
キヤノンに関しては出願件数だけでなく、取得件数でも1位になっています。

ランキングの上位を見ると、1位~4位は昨年と同じ並び順になっていますね!

キヤノンはどんな特許を出願してるの?

2020年出願件数1位のキヤノン会社は約6,000もの特許を出願していますが、どのような内容の発明を出願しているのでしょうか。

Jplat-patで見てみましょう!
※検索方法はこちらでも解説しています
→5分でわかる!特許番号について徹底解説します!

キヤノン株式会社は出願件数が多すぎるので、出願期間で絞り込んでから検索をかけます。

J-PlatPat

一覧で見てみると情報処理・画像処理などの技術が目立ちます。

J-PlatPat

他にもカメラに関わる光学装置や撮影装置、プリンターに関わるトナーなどの周辺機器や印刷装置などが多く出願されていました。

例えば身近な例でいうと、カメラのズームレンズを出願しています。
※特開2020-074051:「ズームレンズ及びそれを有する撮像装置」

J-PlatPat
J-PlatPat

上の写真は高ズーム比でも全域をきれいに撮影できる、ズームレンズの発明です。

canonのカメラのテクノロジーが日々進化しているのがわかりますね!

まとめ

今回は2020年の企業別特許取得ランキングについてご紹介しました。

出願数上位は昨年とほぼ同様の顔ぶれなようですね!

業界で見ると、自動車メーカーや電機メーカーなど日本を代表する製造業が多く見受けられます。

これだけの特許を出願するとなると非常に高いコストになりますが、毎年特許を出し続けているところからみても、特許は企業にとって非常に重要な権利であることが分かります。

自社の事業を守り、拡大していくためにも、知財戦略はしっかりと練っておきましょう。

完全無料で事務所選びをサポートします
まずはお気軽にお問合せください!

特許出願に関する関連記事

新着