Menu

特許調査とは?どこに依頼できるかも解説します!

特許には特許調査という業務があります。この特許調査、意外と知られていませんが様々な目的に使われ、特殊技術を持つ企業にとっては非常に重要な業務の一つです。今回はこの特許調査とは何なのかと、特許調査の依頼先を紹介しようと思います。

特許調査とは

特許調査

特許調査と言っても、知財を扱う人を除けばピンと来る人は少ないかもしれません。もちろん特許の調査を行う訳ですが、具体的には“誰が、いつ、どこで、何の特許を、なぜ、どのように”取得したのか調べるということです。一見シンプルな作業ですが、国内だけでも年間30万件を超える出願のある特許ですから、調査対象は莫大な数となります。専門の知識やメソッドを有した企業や事務所に依頼すれば、スピーディーかつ正確に調査を行うことができるので、調査の次のステップにスムーズに移行することができます。

なぜ特許調査を行うの?

この特許調査ですが、様々な目的のため行われます。その目的は大きく分けて以下の4つです。

特許の出願前調査

この調査は先行技術調査とも言われます。自社の発明を特許出願するとなった時に。同じような発明がすでに特許として出願あるいは取得されていないか調査する作業です。国内のみで出願の場合は日本の特許を調査しますが、外国での出願となった場合、世界の特許を調査しなくてはならないため工数のかかる作業となります。

技術動向調査

特許に関する世の中の動向を調査する作業です。特定の分野に絞り、特許のトレンドをチェックする目的で行われることが多い調査です。SDI調査とも言われます。競合他社の研究のチェックとしても用いられます。定期的に調査を行うことで、注力分野や世の中のトレンドを先読みし、経営戦略にも反映させることができます。特許事務所の提供する知財コンサルティングサービスと併用すると、よりビジネスの拡大に役立てることができます。

クリアランス調査

侵害予防調査などとも呼ばれる調査です。自社が発売する商品や発明が既に他者に特許を取られていないか調査する作業です。既に取得されていた場合、権利の侵害となってしまうので、そのよう無いことが起きないよう予防線として行う調査です。発売中の商品についても行うことがありますが、基本は製品開発(発明)段階で行います。

無効資料調査

自社の開発した商品や発明が他社から「特許権の侵害だ」と訴えられてしまった場合に行う調査です。他社の特許取得以前の学術論文や特許に関する文献を調査し、他社が既に保持している特許権が無効だと異議申し立てするための調査です。認められれば他社の保持している特許は無効となります。

特許調査はどこが行う?

特許調査の依頼先

特許調査は主に専門の調査会社と特許事務所が行っています。それぞれに依頼する場合の特徴は以下の通りです。

調査会社の特徴

  • 調査に特化しているため、調査のスピードとクオリティが高い。
  • 特許事務所に比べて調査の対応範囲が広い。
  • 特許の出願代行はできない。

調査会社は調査に特化している分、経験とノウハウが蓄積されています。そのため納品スピードも比較的早く、クオリティが高いです。また特許事務所の場合、対応している特許の出願分野のみ調査可能な場合がありますが、多くの調査会社は対応できる分野が広いのが特徴です。一方で特許の出願ができないため、出願代行も同時にお願いしたい場合は特許事務所に依頼をするのが良いでしょう。

特許事務所の特徴

  • 特許の出願代行も対応可能。
  • 出願と同時に行う場合、調査費用が割安(無料の場合もある)。
  • 調査だけの依頼を受けない特許事務所もある。

特許事務所は出願を視野に入れた調査となるため、先行技術調査が中心です。また事務所によっては調査のみの依頼を受けない事務所もあります。特許の出願代行も考えている場合は特許事務所に依頼するのが良いでしょう。

調査のみ依頼可能な特許事務所

広江アソシエイツ特許事務所

特徴

複数の弁理士が所属し、様々な分野のプロフェッショナルが案件を対応してくれる広江アソシエイツ特許事務所。英国の知的財産専門誌Managing Intellectual Property誌による「世界が選ぶ日本の優秀特許事務所」にも選定された経験を持つ実力派の特許事務所です。中国、中南米、東南アジア、欧米諸国など世界各国での出願経験も豊富で、海外の調査も安心してお任せすることができます。顧客目線に立った迅速なサポート体制と明瞭な価格設定が評判です。

住所

〒500-8368 岐阜県岐阜市宇佐3丁目4番3号

みなとみらい特許事務所

特徴

創業以来手がけた知財業務は約5000件、直近5年の商標登録の代理件数全国NO.1の実績を誇る実力ある事務所です。中小企業・スタートアップ企業の知財案件を特に積極的に支援しており、はじめての特許取得を検討している企業の方にオススメです。各分野の専門家である技術者も在籍し、幅広い分野で深い知識を持っています。

住所

〒220-6008 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA 8F

三田特許商標事務所

神奈川県川崎市に拠点を構える三田特許商標事務所。業界平均の特許取得率を大きく超える、9割を超えの取得率を誇る特許事務所です。検索エキスパート研修(上級)を修了した所長弁理士自らが、徹底した先行技術調査を担当してくれます。初回相談は無料、各業務ごとに料金表が用意されているので、調査業務のみの依頼も出しやすいのが特徴です。

住所

〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-8-1 新百合ケ丘横山ビル1階

調査だけ依頼したい!という場合も特許出願ラボへ

上でご紹介した通り、特許調査だけの依頼でも調査会社や事務所によって特徴が大きくことなります。またお客様の目的によって、最適な依頼先は異なることとなります。費用一つとっても大きな差がある調査ですので、自分にぴったりの依頼先を見つけるのは一苦労でしょう。特許出願ラボと提携の特許事務所も調査のみの依頼を受けてくれる事務所がございます。特許調査は次のステップに進むための大事一歩です。しっかりと検討し、自分にあった調査会社や特許事務所を見つけましょう。特許出願ラボは完全無料でご利用頂けます!

特許出願に関する関連記事

新着