Menu

【商標の区分】第3類を徹底解説!

商標区分 第3類の解説

商標区分の第3類は主に化粧品・洗剤などが該当します。

具体的には歯磨き粉、香水、つけ爪(ネイルチップ)、つけまつげ、漂白剤、せっけん、シャンプー、靴クリーム、部屋用の芳香剤、サンドペーパーなどが当てはまります。

気を付けたいのは、治療を目的とした医療用のシャンプー、せっけん、ローションなどは薬剤区分の第5類になる点です。
また、化粧用ブラシなどは「化粧品」ではなく「化粧用具」となるため第21類に区分されます。

商品のラインナップから分かる通り、化粧品メーカーが多く商標を取得しています。

注意点

第3類で商標を取得するときは下記の点に注意しましょう。

  • 医療用のシャンプー、せっけん、ローション等は第5類
  • 化粧ブラシは第21類
  • 皮砥、鋼砥、砥石は第8類
  • 「食品香料」は、精油からなるものは第3類に、精油以外からなる食品香料は第30類に区分される

第3類を取得している企業の例

花王株式会社

洗剤や化粧品など、数々のヒット商品で知られる大手製造メーカー、花王株式会社。

6000件以上の膨大な商標登録を取得していますが、その中でも3類での取得が最も多くなっています。

代表的な商品の商標を紹介していきます。

※キュキュットクリア泡スプレーの商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2015-123368/6E9D489AA942D08C83A5AD7C4993E3104DC3427AE6343698CA414D0C0A7B26E0/40/ja

※リセッシュの商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2015-041478/B4085983D2432A6118E55E6DF8793DF6533F6338171B29D36166F7FD1AFA6EDC/40/ja

キュキュットは第3類、リセッシュは第3類と第5類で商標を取得しています。

リセッシュなどの消臭剤やメリーズのようなおむつなどは、第3類と合わせて薬剤の区分の第5類も取得しているようです。

化粧品メーカーにおいては、第3類自体の網羅性が高いので、第3類のみの取得の商標が多い印象でした。

第3類に該当するサービス(指定役務の例)

  • 家庭用帯電防止剤,家庭用脱脂剤,さび除去剤,染み抜きベンジン,洗濯用柔軟剤,洗濯用漂白剤
  • かつら装着用接着剤,洗濯用でん粉のり,洗濯用ふのり,つけまつ毛用接着剤
  • 口臭用消臭剤,動物用防臭剤
  • 塗料用剥離剤
  • 靴クリーム,靴墨
  • つや出し剤
  • せっけん類
  • 歯磨き
  • 化粧品
  • 香料
  • 薫料
  • 研磨紙,研磨布,研磨用砂,人造軽石,つや出し紙
  • つけ爪,つけまつ毛

商標登録の関連記事

タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!