Menu

【商標の区分】第1類を徹底解説!

商標区分 第1類の解説

商標区分の第1類は工業用・科学用・農業用の化学品が該当します。例えば工業用の接着剤、農業用の肥料などはこの第1類に該当します。他にも人工甘味料などの化学品は第1類です。

製造現場や農業などに使われる化学品のメーカー企業が取得するようなイメージです。

人工甘味料などは食品メーカーなども取得しています。

他にも写真の材料や試験紙などもこちらの区分に該当するので、コピー機メーカーなどもこの区分で出願をするケースが多いです。

医療に用いられる化学品は第5類となるので、注意が必要です。

注意点

第1類で商標を取得するときは下記の点に注意しましょう。

  • 医療用の化学品は第5類
  • 家庭用の接着剤・のりなどの文房具は第16類
  • 化粧品の化学品(化学品で作られた化粧品)は第3類
  • 砂糖、果糖、はちみつ等の甘味料は第30類

第1類を取得している企業の例

住友化学株式会社

農薬業界でトップのシェアを誇る住友化学は、1987個の商標を出願していますが、多くの商標を1類で出願しています。

農薬関連の商品である”ゼータ”シリーズは1類および5類(薬剤)で商標を取得しています。

※ゼータプラスの商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2011-087208/C601AA8FBE76C3E0286E59BF722147FC843E6C34DEC99D671E8DC576F6AF47B5/40/ja

※ギガゼータの商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2011-087208/C601AA8FBE76C3E0286E59BF722147FC843E6C34DEC99D671E8DC576F6AF47B5/40/ja

住友化学だけでなく、農薬関連の商品の多くは、1類・5類で取得しているケースが多いようです。

第1類に該当するサービス(指定役務の例)

  • 化学品
  • 工業用のり及び接着剤
  • 植物成長調整剤類
  • 肥料
  • 陶磁器用釉薬
  • 塗装用パテ
  • 高級脂肪酸
  • 非鉄金属
  • 非金属鉱物
  • 写真材料
  • 試験紙(医療用のものを除く。)
  • 人工甘味料
  • 工業用粉類
  • 原料プラスチック
  • パルプ

商標登録の関連記事

タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!