Menu

【商標の区分】第19類を徹底解説!

商標区分の第19類は主に「金属以外の建築材料」が該当します。

具体的には、セメント、木材、石材、建築用ガラス、墓石、標識、小屋の組み立てセットなどが当てはまります。

金属製の建築材料は第6類、建築用の防湿材料は第17類に区分されます。

また、建築用のものを除く加工ガラスは第9類、建築用のものを除くガラス基礎製品は第21類となるので注意が必要です。

注意点

第19類で商標を取得するときは下記の点に注意しましょう。

  • 建築用のものを除く加工ガラスは第9類
  • 建築用のものを除くガラス基礎製品は第21類
  • 建築用の防湿材料は第17類
  • 金属製の建築材料は第6類
  • 塗装機械器具は第7類

第19類を取得している企業の例

宇部興産株式会社

化学製品の製造や、建築資材の供給など様々な事業を手掛ける総合化学メーカー、宇部興産株式会社。

セメントや石炭などの供給も行っており、第19類で商標を取得しています。

最も多く取得している商標は第1類「化学品」になります。

※宇部興産株式会社の商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2009-073686/75E3CCFFAA032B83DFF631625C045A7E482DA10BBF5AA76E0CA02AF49D0B1334/40/ja

三菱マテリアル株式会社

セメント製造などの事業を行う大手非鉄金属メーカー、三菱マテリアル株式会社。

セメント事業が主な事業の一つとなるため、第19類で50件以上の商標を取得しています。

自動車部品の製造等、金属加工事業も手掛けているため、第7類「加工機械」では100件以上の商標を取得しています。

※三菱マテリアルの商標登録

(出典:JplatPat:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2018-002433/5B549BD54BE6091AC8919E63DFB47684866D8A9E9E259F22DB4C0E0011354741/40/ja

第19類に該当するサービス(指定役務の例)

  • タール,ピッチ
  • 建築用又は構築用の非金属鉱物
  • 陶磁製建築専用材料・れんが及び耐火物
  • リノリューム製建築専用材料,プラスチック製建築専用材料,合成建築専用材料,アスファルト及びアスファルト製の建築用又は構築用の専用材料,ゴム製の建築用又は構築用の専用材料,しっくい,石灰製の建築用又は構築用の専用材料,石こう製の建築用又は構築用の専用材料,繊維製の落石防止網
  • 旗掲揚柱(金属製のものを除く。)
  • 建造物組立てセット(金属製のものを除く。)
  • 土砂崩壊防止用植生板
  • 窓口風防通話板
  • 区画表示帯
  • セメント及びその製品
  • 木材
  • 石材
  • 建築用ガラス
  • 人工魚礁(金属製のものを除く。)
  • 養鶏用かご(金属製のものを除く。)
  • 吹付け塗装用ブース(金属製のものを除く。)
  • セメント製品製造用型枠(金属製のものを除く。)
  • 送水管用バルブ(金属製又はプラスチック製のものを除く。)
  • 道路標識(金属製又は発光式若しくは機械式のものを除く。)
  • 航路標識(金属製又は発光式のものを除く。)
  • 貯蔵槽類(金属製又はプラスチック製のものを除く。)
  • 石製郵便受け
  • 建具(金属製のものを除く。)
  • 屋外用ブラインド(金属製又は織物製のものを除く。)
  • 灯ろう
  • 人工池(金属製のものを除く。)
  • 可搬式家庭用温室(金属製のものを除く。)
  • 墓標及び墓碑用銘板(金属製のものを除く。)
  • 石製彫刻,コンクリート製彫刻,大理石製彫刻
  • 鉱物性基礎材料

商標登録の関連記事

タグ
商標登録は専門の弁理士にお任せ
まずは気軽に無料相談を!